「ストレッチ」

誰しもが聞いたことがある単語でしょう。

ではストレッチとはいったい何なのか、どんな効果があり、誰がやるべきで、どんな方法があるのかきちんと理解していますか?

今回はストレッチというものが何なのか、あまりわからない人への入門編として読んでいただきたいです。

【ストレッチとは】

「stretch」…  引き伸ばす、引っ張る。

という文字通り、ストレッチは筋肉を伸ばす行為です。1970年代後半からアメリカでストレッチという言葉が使われ始め、1980年代から日本にも広まり始めました。

 

おそらく学生時代の部活の時などにやっていた記憶があるんじゃないでしょうか。スポーツのウォーミングアップ、クールダウンで行うものという認識が強いと思います。

ストレッチ

【ストレッチの種類】

ストレッチにはいくつか種類があり、運動前に行う動的ストレッチ、運動後に行う静的ストレッチ、一人で行うセルフストレッチ、誰かに自分の身体を伸ばしてもらうパートナーストレッチなど目的によって方法が異なってきます。

【ストレッチの効果】

ではなんのためにストレッチをやるのか。ストレッチは近年の健康ブームにより、徐々にその効果が注目されてきました。

筋肉を伸ばす行為なのでまずは、筋肉や関節が柔らかくなります。そしてしなやかでスムーズな動きや、怪我の予防につながります。

ただそれだけでなく、血流の改善、冷え性やむくみの解消。首・肩こり、腰痛、便秘、不眠、動悸、息切れ、更年期障害などなど様々な不調を改善してくれることでストレッチは今注目を浴びています。

【ストレッチは誰でも必要】

ストレッチの効果を知れば、もうおわかりですよね。

ストレッチは誰にでも必要なんです。

まだ身体に特に不調がない人もデスクワーク等で同じ姿勢で長時間いることは身体にかなり悪影響を及ぼします。

特に身体のケアをしていなければ筋肉というのは時とともに縮んでいきます。縮んでしまうと身体の可動域が狭くなり、血流も悪くなります。

そうなると身体の様々なところに不調をきたしてきます。

そうならないためにも今のうちからストレッチで柔らかい身体にしておくことはすごく大事なんです。

ストレッチを習慣化することで身体はどんどん健康になっていきます。ストレッチの素晴らしさ、必要性を知った今、やらない手はないですね!

今日から始めていきましょう、ストレッチで明るい明日へ!

 

本格的なストレッチを体験してみる

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

ストレッチ