皆さんこんにちは♪

B-ST PRO TRAINERSの平井和歌子です(^o^)

今回も早速、お家でも簡単にできるヒップトレーニング第7弾をご紹介!!する前に…

『トレーニングをしてても、なかなか効果が出ない。。。』

『いつになったら、理想のカラダになれるんだろう?』

なんて、不安になられている人もいるのではないでしょうか?

ダイエット、エクササイズ、部分痩せ、シェイプアップ、ヒップライン、ヒップアップ、お尻、代謝
そんな方の為に、コチラ↓↓↓
女性の筋トレ効果が出る期間
についてまとめましたので、読んでみてください♩

さて、今回の第7弾はヒップトレーニングの中でも、名前が知られているワイドスクワットをご紹介いたします^^



ワイドスクワット

ワイドスクワットとは脚を細く引き締めるスクワットと言われています♪

普通の肩幅に開いて行うスクワットより、足幅を広げて行う為、内転筋へのアプローチが強めに出るところが、スクワットとワイドスクワットの違いです(^ ^)

では、内転筋とは。。。?

内転筋


内転筋とは、股関節を閉じるなどを行う筋肉であり、スポーツにおいては下半身のバランス安定、基本のパフォーマンスを向上させるのに必要な筋肉です♪
また、女性などではO脚の改善や、特に脂肪が定着しやすい内ももの、脂肪を燃焼させるのに最適なトレーニング方法です(^◇^)♪



トレーニングの順序

ダイエット、エクササイズ、部分痩せ、シェイプアップ、ヒップライン、ヒップアップ、お尻、代謝、平井和歌子
①太ももが八の字になるよう、肩幅より少し広めに足を開きます。


ダイエット、エクササイズ、部分痩せ、シェイプアップ、ヒップライン、ヒップアップ、お尻、代謝、平井和歌子
②腕の前で組む or 手のひらを下に向けて真っ直ぐ腕を伸ばします。

③目線は真っ直ぐ向いて、背筋を伸ばし、お尻だけ後ろに向かって突き出すような形で、ゆっくりと膝を曲げながら腰を下ろしましょう。

④反動を使わないように、ゆっくりと腰を下ろしたところから立ち上がります。その時、骨盤の位置をまっすぐの位置に戻しましょう。(お尻の中心部に力を入れると、わかりやすいです。)

⑤戻った位置は、足先から頭頂部まで一直線に真っ直ぐになります^^



キーポイント
膝を外側に開きすぎず、必ずハの字のフォームで行ってください。(外に開きすぎると、脚に効果が感じられません。)

足幅を開き過ぎず、腰を下げる際に猫背にならない!ここは特に注意!膝や腰に負担がかかります^^;  



使う部位と効果
お尻の筋肉(大臀筋)→お尻のヒップアップ

太もも表の筋肉(大腿四頭筋)→運動のパフォーマンス向上

太もも裏の筋肉(ハムストリング)→お尻と太ももの境目をハッキリ!脚を長く見せる

内ももの筋肉(大体内転筋群)→太もものシェイプアップ

【回  数】20〜25回(ゆっくりと)
【セット数】3〜4セット



さぁ!!!夏に向けて、メリハリのあるキレイなお尻を目指して、やってみましょう(^O^)

END

ライター紹介、平井和歌子、ライトジム新宿、パーソナルトレーナー