「動的ストレッチ」。聞いたことありますか?ストレッチにはいくつか種類があり、定番なところでは動的ストレッチと静的ストレッチがあります。

今回は「動的ストレッチ」について詳しくみていきたいと思います。

【動的ストレッチとは】

その名の通り、けっこう動きます。ストレッチと言えば座ったり、横になったりして、リラックスした状態で行うというイメージを持ってる方は多いと思います。ですが、動的ストレッチは、身体を温め、心拍数を上げ、可動域を広げて怪我を防ぐためにやるので、けっこう動くんです。これから使う部位を様々な方向に動かして、運動の準備をします。

一番ポピュラーな動的ストレッチに『ラジオ体操』があり、ジョギングやランニング、肩や股関節を回したり、もも上げやブラジル体操などが動的ストレッチに分類されます。

ストレッチ

【動的ストレッチの効果】

いきなり強度の高い運動をするのは危険なので、まずは動的ストレッチで心拍数を上げます。運動の前はジョギングやランニングから始めますよね。これらも動的ストレッチに含まれます。

そして肩や股関節、手首、足首などそれぞれの部位をしっかり動かすことで筋温を高め、可動域を拡げ、筋肉の準備態勢を整えます。これにより、筋肉の反応速度も向上しパフォーマンスアップに繋がり、怪我の予防にもなります。

動的ストレッチを取り入れずにいきなり激しい運動をやってしまうと肉離れやアキレス腱断裂など怪我を引き起こすリスクが高まります。必ず軽いジョギングなどで身体を温めてからにしましょう。

 

 

まとめると、動的ストレッチは運動前に行うものです。いきなり強度の高い運動をするのではなく、しっかりと動的ストレッチで準備をして、スポーツやトレーニングを楽しむようにしましょう!

 

 

正しいストレッチを知ってみるストレッチ