こんにちは!はじめまして!

B-ST PROTRAINERSの平井和歌子と申します!

どうぞよろしくお願いいたします!!

さて、近頃すっかり春らしい暖かい陽気で、身体を動かしやすい季節となってきましたネ^ ^

そんな中で、女性が必ず気にする、ヒップライン。理想のヒップラインのつくり方のお話をしようと思います。

皆さんの理想とするヒップラインは?

 ・ストレートパンツが似合うような『キュッ』と引き締まった桃尻ですか?

 ・弾力があり女性らしいラインで、『クイッ』と上がっているマシュマロヒップですか?
ご自分の中で広がる理想のスタイルは様々あると思います♪

素敵なお尻を手に入れてみませんか?

でも、なかなか若い学生の時ほど、ピチピチとしたヒップラインを維持できないことが現状です(T ^ T)なぜなら、歳を重ねるごとに人間の身体は筋肉が減り重力に負けて垂れてしまいがちなのです。

でも、だからといって今諦める必要は全くありません。筋肉の減少を予防できる方法が一つあるからです。

理想のヒップラインをつくるには、筋肉トレーニングなんです!

普段日常生活している上で、お尻の筋肉はあまり意識して使う事が無いので、その使わない筋肉に少しアクションしてあげる事によって筋力が上がり、お尻の垂れ下がりを予防でき、ヒップアップにも繋がります。

お尻は身体の中で大筋群(大きい筋肉の集合体)と呼ばれ、まずトレーニングして鍛える事によって身体の代謝アップにも繋がるので、シェイプアップにもかなり必須の部位になります!!

いくつかお家でも気軽にできちゃう、簡単エクササイズをご紹介していきたいと思います。

 

まず、今回ご紹介するのは…

ヒップリフト

日本ではまだまだ認知度が低い種目ではありますが、特にウエイト(重り)を使わなくても、ポイントだけ意識すれば、自重だけでお尻に効いてくれるエクササイズになります。

①床に仰向けに寝る(寝た時の足は、膝を立てた状態。)

②手は横に手の甲を上にして床につける。
(手の甲を上にした方が脇に力が入って締まりやすいです)

ダイエット、エクササイズ、お尻、ヒップリフト、代謝、筋トレ、ヒップアップ

③手をついて、お尻を持ち上げ床から浮かせる。
(上げる時は、お尻の中心に力を入れるように意識してください。)

 

ダイエット、エクササイズ、お尻、ヒップリフト、部分痩せ、代謝、筋トレ、ヒップアップ

④お尻を下げる時に出っ尻にするイメージで、上げる時はお尻の中心部分にキュッと力を入れます。
(下げる時は、思いっきり床スレスレに!)
(お尻を下げる時と、上げる時に意識を向けて!)

ダイエット、エクササイズ、お尻、ヒップリフト、代謝、筋トレ、ヒップアップ

トレーニングをする時に、「1..2..3..」のカウントの感覚が早くなりがちですが、効きやすいようにゆっくりやってみましょう♪

効く部位と効果

使用部位 :大臀筋(お尻全体)ハムストリングス(太ももの裏)
                大腿四頭筋(太ももの前)

回数   :15回〜20回(ゆっくり)

セット数 :3〜4セット

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これから夏に向けて、できる事ならナイスBODYを真夏の海でお披露目したいですよね♪

今からでも間に合います!

「時間がないし〜。。。やり方がわからない(>_<)」

「歳だし…しょうがないよなぁ。。。」

    と不安に思っているアナタ!

諦めてしまってるアナタ!

『やるならイマですよーーーー^^ 歳なんて関係ないない♪』

『一緒に素敵なヒップラインを手に入れましょう!!』

次回は、ヒップトレーニング(大筋群トレーニング)についてもう少し掘り下げながら、お家で簡単にできるヒップトレーニング第2弾をご紹介していきたいあと思います♪

ヒップリフトの解説を動画にもまとめてみました♪
是非ご覧下さい↓↓↓

 

ライター紹介、平井和歌子、ライトジム新宿、パーソナルトレーナー画像をクリックして頂くと私の個人ページにとびます♪