皆さんこんにちは!

B-STのパーソナルトレーナーの白石です!

 

このサイトを見ているという事は、
『自分の身体を変えたい!』
『もっと磨きをかけたい!』
という、気持ちが少なからずあると思います。では、どのような身体になりたいですか?

うっすら腹筋が割れているスポーツマン体型、

EXILEの様な細マッチョ体型、

ボディビルダーの様なムキムキ体型、

ゴリラの様なゴリラなどなど…笑

高橋明仁、ゴリラ、ティップクロス新宿

それぞれ様々な目標があると思います。

しかし、目標がたとえ細マッチョでもボディビルダーでも、多少違うところはありますが、基本的にやる事は同じです。

なぜなら!!
一回の筋トレで増やすことのできる筋肉量は決まっているのです!!!なので少しずつ、地道につけていくしかないのです。

では筋肉をつける上で必要なポイントを紹介していきます。
それは大きく分けて3つ!

 ①正しい筋トレで、質の高いトレーニングをする。

 ②食事(たんぱく質)が筋肉をつくる。

 ③休養・回復が筋肉を強くする。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①正しい筋トレで、質の高いトレーニングをする。

白石龍太、ライトジム新宿、パーソナルトレーニング

筋肉をつけるのですから当たり前ですよね。

しかし!!
ただやみくもにトレーニングジムに通って、マシンをガシャガシャ動かしているだけでは、いつまで経っても筋肉はつきません。

はっきり言って時間とお金の無駄です(笑)。
種目、回数、重さ、フォームなどを正しく設定して行うことで、質の高いトレーニングを行っていきましょう!

関連記事【身体を変える秘訣とは、、、これがトレーニングの三原理だ!!】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

②食事(たんぱく質)が筋肉をつくる。

タンパク質、肉、ステーキ、食事

筋トレで壊した筋肉を回復させるには、栄養しかありません。
炭水化物・たんぱく質・脂質のバランスを意識しながら食事を摂って下さい。

特に、たんぱく質は筋肉をつくる上で必要不可欠な栄養素。
かつ日本人に一番足りていない栄養素とも言われています。

一般の方は体重の×1g、普段から運動をされている方は×2倍程のたんぱく質が必要とされています。

試しに今日食べた物のたんぱく質の合計を計算してみて下さい。
恐らく、ほとんどの方が足りていないと思います。

関連記事【Ⅼアミノ酸が鎖状に多数連結してできた高分子化合物。そう、たんぱく質】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

③休養・回復が筋肉を強くする。

ストレッチ

良く耳にするとは思いますが、筋トレをすることで筋肉の繊維を壊します。
そして、休み休養を取ることで繊維が回復し、また壊れてしまわない様に、壊す前より強くなります。

このサイクルが筋肉は作られていく仕組みであり、休ませる時間がないと筋肉は回復しないので成長しません。

そして、オーバーワークは怪我のもとです!少しでも異変を感じたら休むようにしましょう!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この3つが筋肉をつける上で大前提となります!

そして、次回は、とにかく筋肉をつけたい!身体を大きくしたい!マッチョになってカッコよくなりたい!

という方の為に、筋肉を大きくする為のトレーニング方法
について書かせていただきます!


 

【ライター紹介】白石龍太(しらいし りゅうた)

白石龍太、宣材写真、パーソナルトレーナージェクサーライトジム新宿店を中心に活動中。亜細亜大学アメフト部元主将。とにかく重い重量を持つことが好きで、BーST No.1の重量級を目指しています。ダイエット、ボディメイクなどのお客様の総合的なニーズにお答えできます!もちろん一番得意な分野は、筋力アップです!!
【コンテスト実績】
ベストボディカレッジ2016 ファイナリスト
『短期間でのダイエット』『本気の肉体改造』をお考えの方は、ぜひプロトレーナ集団『B-ST(ビースト)』へ、ご相談ください。ボディコンテストで、成績を残すトレーナー達が、一人一人に合わせたトレーニングプラン設計から、日々の食事制限などまで、丁寧にサポート致します。⇒詳しくはこちらをクリック!!

◆パーソナルトレー二ングご希望の方はコチラからお問い合わせください。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

性別 (必須)
男性女性

生年月日 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

希望トレーナー(任意)

ご希望の店舗をお選びください (必須)
ティップクロス新宿ティップクロス渋谷オアシス新宿ジェクサー新宿ライトジム新宿ジェクサー亀戸希望なし

予約希望日時1(必須)

予約希望日時2(必須)

お問合せ内容 (必須)