『こり』の原因とは

みなさん、今まで“こり”に悩まされなかった方はいらっしゃいますか?

最近では肩こりや腰痛などに悩まされている人がかなり増えています。

長時間のデスクワークをはじめ、慢性的な運動不足、近年ではスマートフォンの普及による姿勢悪化など、いろいろな原因が挙げられます。

 

同じ姿勢が続き、特定の筋肉ばかりを使い続ける状態が長く、

適切なケアやメンテナンスができていないと

筋肉が硬くなり、“こり”へとつながっていきます。

 

そして、筋肉が硬くなるとその周りの血管を圧迫し、血流が悪くなり、

筋肉内にたまっている老廃物は流れず、酸素も供給されづらくなります。

そして筋肉は硬くなり、さらに“こり”が悪化します。

こり対策!

そこでおすすめなのがストレッチです。特にお風呂上りのタイミングがベストです。

体温が上がると筋温も上がるので筋肉を伸ばしやすく、“こり”の改善がより期待できるからです。

ストレッチで筋肉を伸ばし、ほぐれることで血流がよくなり、むくみや冷え性の改善にもつながります。

集中力不足

こりが悪化しすぎると、しびれなどの症状が起きる方もいます。

これは硬くなった筋肉が血管だけでなく、付近にある神経にも圧迫をかけてしまい

発生していることが考えられます。

 

そんなひどい状態は避けたいですよね。

日頃のちょっとした努力で“こり”は防ぐことが出来ます。10分でいいです。意識を変える時間を作ってみませんか。

 

プロにストレッチを教えてもらう

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ストレッチ